【ホッと安心】ホームページを依頼する時に押さえておきたい用語とポイント

ホームページ作成やネットショップ制作はプロにお任せするのが一番手っ取り早い。
だけど、難しいことはわからないし、そもそもどうやって発注していいのか・・・
そんなホームページ作成を初めて依頼する方向けにお話していきます。

主に個人と法人の2パターン

2パターン

ホームページを作成してくれるところは山ほどある。
そこが悩ましいところなわけだが、主に下記の2パターンがあることを覚えておこう。

法人としてのホームページ制作会社

大手や中小企業のホームページ制作会社がある。
規模にもよるが、一般的に小さな案件より大きい案件を受注することが多い。

また、料金はというと数百万~数千万円くらいする。
もちろん、この価格はサイトのボリュームや作業工数によって異なるが、
安くても数十万円はかかると思っておこう。

個人事業主としてのホームページ制作会社

現在は、昔に比べ個人(フリーランス)としてホームページ制作を受けるところが多く存在する。
個人の場合、法人と違って大規模な案件は受けにくい代わりに、小さな案件でも受けてくれるところが多い。

料金は、これもサイトの規模によるが数十万円~数万円が支流だ。
法人に比べると費用をかなり抑えることができるところがメリットである。

法人、個人どっちがいいの!?

この選択はあなたの考え方や依頼する内容によって決まってくる。
ちなみに、法人化している制作会社でも、制作経験が無い案件などによっては外注することが多い。
実は頼む側はあまり知られていない。

そのため、会社の大きさというのはあまり関係なかったりする。
それよりかは、メールの対応だったりどれだけ親身になってくれるかなどを見ると良い。
その後の制作面やサポート面にも反映してくるからだ。

発注する段階で準備するものとは

hpを依頼する前の準備

ホームページ制作会社に依頼する場合、以下は最低限準備しておこう。

  • ホームページを作る理由(またはリニューアルする理由)
  • ターゲット
  • 目的、ゴール
  • コンセプトやホームページの概要
  • コンテンツの概要
  • サイト名(ロゴ)
  • サイト参考イメージ(画像、URLなど)
  • 予算
  • 納期

上記は一部となるが、ヒアリングの段階で聞いてきてくれるので、もし答えられない場合は相談したり、持ち帰り、後日考えを固めて連絡すると良い。

納期について

納期は余裕をもって考えておいたほうが良い。
というのも、「1ヶ月でお作りできます」と案内されても大抵ずれることが多い。

その原因としては主に、制作側の受注状況に関係したり、逆に発注する側の素材提出等の遅れもある。

また、急いで作ったとしても良いものはできにくい。
しっかりと工程を経て、綿密に時間をかけて作成したほうが、良いホームページが生まれる傾向にある。
それに急いでいるとトラブルの元にもなりかねないので、余裕を持った依頼をするようにしよう。

ホームページを依頼する時の基本的な知識

良いホームページを作るには、依頼する側もされる側もしっかりと伝えたいことを伝える必要がある。
ホームページのことを全く無知な場合、何をどうしたいのかもよくわからない状態に陥り、伝えたいことの半分も相手(依頼される側)に伝わらないという自体になる。
これを出来るだけ避ける為に、下記を参考にしてほしい。

イメージを可視化する

ホームページのデザインを「かっこ良く」「綺麗に」「温かみがほしい」など要望を伝える場合、言葉だけでは双方に相違が生じる。
必ずイメージに近いと思われる参考サイト等のURLを提出し、少しでもデザインイメージが可視化される形をとろう。

ドメイン

ドメインとはホームページの住所みたいなものだ。
この住所がないとホームページを開設できない。
(ここで言うドメインは有料のものを指す)

例えば、当ブログのドメイン名は以下のような感じだ。

netshop-work.com

ドメインは細かく話すと混乱を招くので、そこまで掘り下げないが、あなたの好きなドメインを取り住所を確保しておく必要がある。

サーバー

ここでいうサーバーは、ホームページを設置するレンタルサーバーのことを指す。
ホームページを作っても格納する場所がないことには話にならない。
その格納する場所がサーバー領域だ。

レンタルサーバーも色々なものがあるが、現在は高スペックで安価なものもあるので、検討してみるか制作側に相談してみると良いだろう。

ホームページ(サイト)のエリアについて

ホームページ依頼すると、「左側の上にお知らせを掲載したい」「真ん中の下のほうに…」「上の文字のバランスを…」などと、説明するときが必ず出てくる。

ただ、このような伝え方だと制作側によっては聞き返してくるケースもあるだろう。
そういった手間を少しでも減らすように、エリアや箇所の基本名称を覚えておくとよい。

ヘッダーエリア

ヘッダー

サイトの上部にあたる部分をヘッダーといったり、看板エリアなんて呼んだりもする。

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーション

ヘッダー付近に存在する、メインのナビゲーション(メニューエリア)を指す。

右サイド(ライトカラム)

右サイドエリア

メニューやカテゴリー、バナーなどを掲載するエリアとして用いられる。

フッターエリア

フッター

最下部あたりに存在するエリアだ。
コピーライトなどがある付近になる。

メインエリア

メインコンテンツ

メインエリアは、主にコンテンツが入っている部分になる。

最後に

ホームページを初めて依頼する時は、不安だし心配事がつきものだ。
ただ、自分で頑張って作ったものの、結局プロにお願いすればよかった。。という人も多く存在する。

ホームページを持つ人の大半は、何らかのビジネスをする場合が多いと思うが、その中で優先順位を付けコスト面で問題なければホームページを依頼してしまうのが得策だと思う。

建築関係じゃない限り、イチから家を建てることはまずしない。
それと一緒でホームページもプロにお願いしたほうが手っ取り早いし、安心といえるだろう。