ネットショップの特定商に名前を掲載したくない!?対処方法はあるのか

ネットショップでは基本的に「特定商取引法に基づく表示」ということで、
その通販ショップはどこのどんな人がやっているのかという情報は掲載しておかなくてはいけません。
考えれば当然かもしれませんが、どこの誰かわからない人から物を買うことは信頼性に欠けますよね。

通常、これらの情報を掲載することには特に不都合はないはずですが、まれに「掲載したくない」「情報を公開しないでネットショップを開業・運営したい」という方も中にはいると思います。

内緒

例えば、副業としてネットショップを始めようとしている人です。
中には勤めている会社に内緒で、ネットショップを副業として始めたい為、名前を載せたりしてバレたらマズイ!という方もいますよね。
最近は副業がOKな会社も増えてきていますが、未だに認めていない会社も多くあります。

ネットショップは、冒頭でもお伝えした通り、特定商取引法に基づく表示が定められています。
なので、名前を載せたり住所を載せたりは必須事項といえるでしょう。
そのため、バレたくないという人は別の副業の道を考えるのも一つの手段です。

対処方法をあえて挙げるとするならば、以下のことが考えられます。

  • 名前の部分を画像化にする
  • ネットショップを名前を掲載しても問題ない別の人と一緒に運営する形にする

一つ目の画像化については、検索結果には表示されずに済みますが、ページを見ればわかりますので、完全に対処できるわけではありません。

ですので、完全にバレないようにするならば、もうひとり仲間(情報公開になんの問題もない人)を作り一緒にネットショップ開業・運営するように進めてみましょう。

上記2つの方法が難しくて、だけれどもネットショップをどうしても始めたいという方には、やはり本業として堂々と始められることが一番簡単で安全な方法かもしれません。

また、ネットショップとは少しかけ離れてしまいますが、物を売るといった意味合いでいうとヤフーオークションなどのサービスを使うという手段もあります。
この場合なら、基本的に取り引きした相手にしか情報は伝わりません。