初心者がネットショップのバナー制作する上で気を付けたいこと7選

ネットショップで欠かせないものとして「バナー」があります。
バナーって?何?という方の為に簡単にご説明させて頂くと、「バナー=画像」となり、ネットショップの場合、特に売りたい商品などを宣伝するためにバナーを作り、ネットショップに設置するわけです。

例えば、商品の画像をずらーと並べていると、それだけでショップとしては成り立ちますが、訪問者様からすると面白みにかけたり、魅力的に感じないためお店を離脱してしまう可能性があります。

離脱率が高くなると、検索順位にも不利だったりするのでネットショップを運営していく中で、バナーは必須と言えます。

banner02

では、バナーを作る際に気を付けておくべきことは何なのでしょう。
ここでは主に、初心者の方が失敗しがちなところのお話も踏まえながらご紹介したいと思います。

カラーを使い過ぎない

よくお見かけするのが、バナーに色んなカラー(色味)を入れて作られている場合があります。
あまり多くのカラー色を使うと、何を伝えたいのかがわかりづらくなったり、目も疲れるので注意が必要です。
カラーは3~4色程度にしておくことをおすすめしたいです。

写真が暗い

ネットショップの場合、商品を紹介するバナーが基本となりますので、バナーを作る際に商品画像や写真を使う場面が多くあります。
ここで気を付けたいのが「写真の明度」です。けっこう暗めの写真をバナーに使っている方がおられます。
バナーだけに限られませんが、写真はネットショップの命と言っても過言ではないくらい大切だと思っています。

色々な要素が含まれますが、何より実際に商品を手に出来ないお客様に購入してもらう上で重要になってくるからです。
少しくらい明るいくらいでも大丈夫だったりするので、そのあたりを意識しながらバナーに取り入れていきましょう。
(あまりに色味が違うほど明るくするいったことは、トラブルの原因になりますのでほどほどに)

写真やイラストなどの素材が劣化している

ネットショップを運営されている方で、制作面が苦手だったり不慣れな場合、バナーを制作するにも一苦労だと思います。
そんな中、重宝するのが無料素材だったりしますが、それらを使う場合に誤って写真やイラストの素材を劣化させてしまうケースがあります。
例えば、写真がぼやけていたり、イラストが潰れていたりする場合です。

これらは、バナーを作る際に写真の拡大縮小のミスや、画像やイラストのサイズを変更する際の縦横比に問題があるケースが多いので、
心当たりがある方は一度チェックしてみて下さいね。

キャッチコピー

バナー制作をする際の必要な素材として、キャッチコピーが挙げられます。
作るバナーやコンセプトなどによって、中にはキャッチコピーを使用しないケースもありますが、基本的には必要です。

キャッチコピーはプロではない限り、すぐに思いつくことは出来ませんし、何より難しいです。
その為、プロの方にお任せするのが一番ですが中々そうはいかないと思いますので、ここではキャッチコピーを作る上でのポイントを3つご紹介します。

  • 情報が要約されている
  • 接客に関係している
  • お客様に共感を得てもらえるか

たまにお見かけするのが、バナーの中にずらずらーと、文字がいっぱい書かれているケースがあります。
伝えるために画像だけでなく、文字を入れたほうがGOODですが、文字を入れすぎてもOUTです。
出来る限り情報を要約してわかりやすくキャッチコピーとして入れましょう。

また、そのキャッチコピーが商品のことはもちろんのこと、接客部分としても案内できているか、更には共感を得てもらえそうな説明ができているか、などを意識しながら作ると良いと思います。

潜在意識に働きかける

なぜ、このようなことを行わなければいけないのかというと、お客様は最初は「無関心」の状態に近いからです。
どこのネットショップで購入するかは、お客様が決めることなわけですから、せっかく訪れて頂いたお客様に気にかけて頂く必要があるんですね。

そのキッカケのひとつがバナーであり「キャッチコピー」になるわけです。
そこから潜在意識が働き、購入してもらえる可能性が増えてきます。

初心者の方がバナーを制作する上でのコツ(番外編)

ターゲットを決めておく

ネットショップを開業する上で、ターゲット層を明確にしておく必要がありますが、
それと同じ考え方で、バナーにも時折、ターゲットを決めて制作すると、より伝わりやすいバナーを作ることが出来ます。

わかりやすい

何事もそうですが、伝わらないと意味を持ちませんので、特に初めてバナー作りをされる方は、まずはわかりやすく誰がみても伝わるバナーを作るように心がけましょう。

デザインを気にし過ぎない

デザインが良いに越したことはありませんが、いきなり良いものを作ることは難しいです。
プロのウェブデザイナーさんでも、力を入れて作るバナーは何時間も、長ければ一日以上かける方もおられます。

初心者の方は、どうしてもデザインがキレイだったりカッコ良かったりと目がいきがちですが、お客様目線に立ってではなく、自分の思考や好き嫌いでバナーをデザインしてしまう方が多かったりします。

それは、単なる自己満足になってしまいユーザーにとって良いものを提供できていない、案内できていないことに繋がりますので、初めはあまりデザインのことは考えず、作成してみることをおすすめします。

まとめ

ここまで、バナー制作における注意点と押さえておいたほうが良いポイントなどを、初心者さん向けにお話させていただいました。
バナーはネットショップの中でも、目をひかせる要素のひとつになりますので、けっこう重要なんです。

そのため、出来ることならプロにお願いしたほうが良いと思いますが、中にはご自身で作りたい、または費用をあまりかけられないので作らざるを得ない、という方のために今回お話させていただきました。

初めは上手に作れないかもしれませんが、何度もトライするうちに必ず良いものが作れてきたりします。
また、どんなバナーを作成したらよいか全くわからないという方は、ライバルショップさんなどを研究されることをおすすめします。

初心者がネットショップのバナー制作する上で気を付けたいこと7選