ネットショップ制作会社にすべて代行していませんか?

ネットショップを始めるにあたり、ネットショップ開業や制作を代行してくれる業者や会社が存在します。
時間がない人はすべてを任せたいと思われるかもしれませんが、注意が必要です。

ネットショップ開業、制作代行

すべてを委ねるのはNG

代行会社にすべてをお任せしようとする人がいますが、最終的に自分自身の首を締めかねない可能性もあることを覚えておきましょう。
イチからすべてをお任せしてしまうと、当たり前のことですが、いざ自分自身で運営する時に困ります。
「その時になったら調べてやってみる」「代行元に聞いて教えてもらえばいい」と思われている方もいますが、実際に行うとなると多くの費用と時間を要します。

また、基礎がわかっているオーナーさんとわかっていないオーナーさんとでは、同じ時期にスタートしたとしても後者のスタート時期は、実際にはかなり遅れが出てしまいます。
そしてその遅れは売上にも大きく差が出てきてしまうのです。

開業代行業者は、開業をスムーズに手助けしてくれます。
制作代行会社は、ネットショップのデザイン制作などの手助けしてくれます。
ですが、商品については基本的に素人と言っても過言ではありません。

販売する商品のことに一番詳しいのは、オーナーさん自身ということを忘れてはいけません。

業者にお願いする場合は、その業者の強みを理解した上で依頼するようにしましょう。

基本的な作業は自ら行う

ネットショップを運営する中で必ず行う作業があります。
主に以下のような点です。

  • 基本設定
  • カテゴリー設定
  • 商品登録

など

基本設定

会社概要、特定商取引法に基づく表記、配送設定、決済方法設定などがあたります。

カテゴリー設定

実店舗でいうところの、商品棚です。
商品を地べたにバラバラに並べてしまっては、お客さんが探しづらく売れるものも売れません。
しっかりとあるべきところに商品を陳列することで、お客さんも探しやすく購入しやすくなります。

カテゴリー(商品棚)をわかりやすく設定してあげることで、商品をわかりやすく案内することができます。

商品登録

その名の通り、商品を登録する作業です。
登録作業を行わないことには、ネットショップに表示されることはありません。
登録する際には、どこに並べるか(カテゴリー先)を設定することができます。

上記の内容は、殆どのネットショップサービスでマニュアルが用意されています。
そのため、マニュアルを確認しつつ行うことで初心者の人でもできるようになっているのです。

そもそものお話をすると「できるようになっているのが自然」です。
ネットショップを始められる方の中の、殆どの人が何も知らないところからのスタートになります。
そのためマニュアルが準備されていますし、時間をかければ必ずお店をオープンできるような仕組みになっています。

サービス元によっては、マニュアルわかりづらいケースもあるかもしれませんが、そういった場合はサポートに問い合わせてみましょう。

 

このことからおわかりのように、どうしても時間が取れない場合を除き、上記のような基本的な作業は自分自身で行うことがベストでしょう。
逆にこの基本的な作業を疎かにしてしまうと、ネットショップの仕組みが把握しきれず長期運営が困難になる可能性も少なくありません。

業者にお願いすること

プロには、プロにしかできないことをお願いすることで費用対効果も高くなります。
例えば、制作会社に依頼する場合以下のようなことが挙げられます。

  • ネットショップのデザイン
  • ネットショップのリニューアル
  • ロゴ制作
  • バナー作成
  • ページ更新作業

など

ネットショップのデザイン(見た目)を作る上で必要となる知識やスキルは膨大なため、自分自身で取得しようとすると多くの時間を費やしてしまう可能性があります。

このような部分は、専門会社などに依頼すると効率的ですし、オーナーさん自身も本来の業務に専念することができます。

制作料金ってどれくらい?

ホームページやネットショップを依頼する上で予算を確保しなければいけません。
制作料金はどれくらいになるのか、会社の規模や形態によっても変わってきます。

例えば、ネットショップの全体のリニューアルを行う場合、ページ数やボリューム等にもよりますが、大きい会社であれば「数百万円~」、個人事業主やフリーランスであれば「数十万円~」が一般的です。
良心的なところであれば数万円~というところもあります。

要はピンきりなので、依頼する側にとっては難しいところですが、初めのうちは低コストで抑えるようにしたいところです。
なぜなら「ネットショップはやってみるまで分からない」からです。
実店舗と違い、ネット上では移り変わりが激しい中、トレンドややり方なども時々に応じて変わってきます。

ネットショップの強みは実店舗に比べ低コストで始められるところです。
そのため、売れてきたと手応えを感じるまでは、準備期間として割り切り色々と試したほうが良いでしょう。

例えば、無料の集客施策や安めの広告で集客したり、どのようなページや説明文なら売上に繋がりやすいのか、などを確認しながら更新を繰り返し、より良いものを作り少しづつ購入率を高めていきます。

様々な施策を低コストで試し、小さな成功を何度か得た段階で更に投資する形が望ましいかと思われます。

最後に

今回は、ネットショップ制作の代行に関することを題材にお話しました。
業者さんに何を依頼し、何を代行してもらうかは自由です。
しかし、本当の売上を出すには出店者さん(オーナー)側の力は不可欠ですし、実際に時間を割き苦労したお店は安定的な売上を出しています。

代行をお願いする場合は、「この作業は本当に私にはできないのか」を念頭に置き、優先順位を決めた上で依頼するようにしましょう。

ネットショップ開業、制作代行