商品画像のレベルを上げてネットショップの売上も上げよう!

売れないネットショップは商品画像(写真)が原因かもしれません。
売れるネットショップにはさまざまな要素がバランスよく取り入れられています。
その中でも重要なのが、商品画像(写真)です。この商品画像の良し悪し(レベル)で売上が半分以上も変わります。
あなたのお店の商品画像のレベルはいかがですか。

ネットショップの写真クオリティ

暗い、汚いは写真は絶対NG

ネットショップでは、商品が手に取れない分、商品画像はかなり重要です。
ユーザーの多くは商品画像(イメージ画像含む)を見て購入を検討しているといっても過言ではありません。

今はあまり見かけないかもしれませんが、ネットショップ初心者の人がよくやりがちなのが、暗い商品画像を掲載してしまうケースです。
どんなにピントが合っていようが、構図がバッチリだろうが暗い商品画像は使用するのはやめましょう。
また、汚い写真など(劣化が見られる等)も使用しないほうが良いでしょう。

使用してしまうと以下のような印象を持たれる可能性があります。

  • 古そう
  • 怪しい
  • 傷んでそう
  • 手を抜いていそう

こういった印象はマイナスイメージに繋がるので注意しなければいけません。
一度持たれてしまったイメージを払拭することは中々むずかしいものです。
結果的にお店の信頼度も下がり、売れないネットショップの道を歩んでいくことになります。

写真撮影について

では、綺麗な写真を撮るにはどうしたら良いのでしょう。
以下のようなことが考えられます。

  • プロにお願いする
  • 本などで勉強する
  • 撮影系のセミナーや講座に参加する
  • 撮影キットなどを準備する

などが挙げられます。

予算がある人は、プロにお願いするのが1番です。
「費用をあまりかけたくない」という人は、まず基本的な知識を身につける上でも本などで勉強されている方もいます。

一眼レフカメラって必要?

「写真のクオリティが低いのはカメラの問題かも」と思われる人がいますが、決してそんなこともありません。
現在はスマートフォンなどでも十分キレイな写真は撮ることができます。
(もちろん一眼レフカメラが準備できる方はそれに越したことはありません)

また、小物などを撮られる場合は、以下のような撮影キットを購入すると便利です。
(画像を切り抜く際もスムーズにおこなうことができます)

商品画像を補正する

撮影のプロでない限り、納得できる写真を撮ることは困難です。
そこで必要となってくるのが、「写真補正(画像補正)」です。
補正などをおこなうことで、ぐんっと写真レベルを高めることができます。

写真補正の参考例

以下は、補正する前と補正した後の写真です。

補正前

チョコ補正前

補正後

チョコ補正後

比べて見るといかがでしょうか。
だいぶ伝わる印象が変わってくると思います。
今回補正には、フォトショップという写真編集ソフトを使っています。
ちなみに、補正後の写真には以下のような補正内容が施されています。

  • レベル補正の調節
  • トーンカーブの調節
  • 明るさコントラストの調節
  • 影を少し取り除く調節
  • 若干くっきり見せる調節

など。

フォトショップは、無料で試せる期間があるので興味がある方は一度利用してみてください。
また、無料の写真編集ソフトといえば手軽に使える「GIMP」「SUMO Paint」などもおすすめです。
どちらもフォトショップに似ている機能が使えます。

※写真の過度な補正や加工には気をつけてください。購入者とのトラブルになるケースもあります。

写真の使い分けをする

これまで主に商品画像についてのお話をしてきました。
ここで言う商品画像は、カートなどの横にある画像を指しています。
他にもネットショップでは購入率を上げるために、以下のような写真の種類があります。

  • イメージ写真
  • ディテール写真

など。

イメージ写真とは?

イメージ写真とは、具体的なシーンを表す写真のことを指します。
この商品を購入すると、「こんな良いことがありますよ」「こんなことができます」というような具体的なシーンを商品画像のひとつとして取り入れます。
取り入れる場所は、主に商品ページ内の説明文エリアなどになるでしょう。

参考例

バッグイメージ写真

出典:イーザッカマニアストアーズ

こちらはバッグがメインの商品です。
トータルコーディネートをし、友達や彼氏と待ち合わせ?のような雰囲気の写真です。
もしくはショッピングの最中かもしれません。
このような屋外の写真で実際の使用シーンをイメージできます。

ディテール写真

ディテール写真は、商品ページ内だと後半部分に掲載されていることが多いです。
衣類であれば、生地や着丈などの詳細にあたる情報を写真や画像を使って表現します。

参考例

ワイシャツのディテール

出典:アトリエ365

こちらはワイシャツの商品です。
ワイシャツのタイプやカラーごとに、ボタンのアップや生地のアップなど細部の写真も掲載しています。

ユーザーが「この商品良いかも」と思い、次に移す行動は「商品の細かい情報」の収集です。
いくら良い商品でもこの部分が欠けていると、不安になり購入までに至りません。

そのため、ユーザーが何を気にしているのか、どこを見たいか・確認したいのか、などの想像力を働かせユーザー目線に立って商品写真の撮影をおこなうことも大切です。

※写真撮影をする場合は、ひとつの商品に対して1、2枚ではなく、必ず複数枚撮るようにしましょう。
その際は、光や構図などを変えて多く撮影しておくと、いざ使う時に写真が選定できて便利です。

ネットショップの写真クオリティ