プロが伝えたい。トップページ作成する前にちょっと考えてほしいこと。

ネットショップ作成のプロ、なんていうとおこがましいですが、これまで沢山のクライアントとお話させていただき制作にも携わったきました。
そんな中、お話したいことは「トップページ」についてです。
初心者の方は特に、このトップページを作ることに対しての優先順位が高いと思われます。

ネットショップトップページ作成のタイミングについて

ネットショップの入口を考える

「訪問者は、TOPページからアクセスして商品購入に至る」
と思われている方がいますが、主に入口としてアクセスされるのは「商品ページ」です。
まず、このことについて理解しておく必要があります。

広告などでTOPページにアクセスを促している場合は別です。

商品ページの重要性

特にモール等では、大抵、検索や広告を経由して多くのユーザーが商品ページにアクセスします。
そして、購入するかの判断も商品ページ上の情報でほぼ決まります。
そこからTOPページにアクセスするユーザーがいるとすれば、それは何らかの理由があるはずです。

トップページに求められる役割とは

では、トップページに求められる役割とは何なのでしょうか。
ここからは、ユーザーの行動を踏まえてトップページに求められる役割についてお話します。

どんなお店か確認する

商品ページを見て購入を検討しているユーザーは、更に安心感を得ようとする傾向にあります。
そのため、トップページにアクセスし他の情報を得ようとするのです。
当店についての案内やレビュー、雑誌掲載などの実績を載せておくと良いでしょう。

また、キレイに作られていたり、情報が整理されていたりと、お店のデザイン面でもある程度の信頼性に繋がります。

他にどんな商品があるか確認する

入口として訪れた商品ページの内容があまり好ましくない、けど他の商品を見てみよう!
と思うユーザーもいます。
また、購入時にかかる送料はユーザーからすると大きな負担です。
もう少しで送料無料になる!という場合は、ついで買いできる商品を探すかもしれません。

上記のような場合に、トップページにアクセスすることが多いです。
ここで大事なのは、「欲しい情報がすぐに見つかるか」という点です。
ユーザーの立場になって、商品をわかりやすく案内する必要があります。

SEOで重要な内部対策として

ショップ内の各ページにリンクを張り合うのは、SEO内部対策の基本です。
そのため、トップページから各ページにリンクを張るのは大切な要素のひとつになります。
たまに、見栄えばかり気にかけトップページからリンクがあまり貼られていないお店を見かけます。
あなたのお店は大丈夫ですか?もし心当たりがある場合は、内部対策として意識してくださいね。

トップページを作り込めば売れる?

ここまで、商品ページの重要性とトップページについてお話しました。
ネットショップを初めて始める方の多くは「トップページ」に目が行きがちです。
決しておかしいことではありませんが、優先順位をつける必要があります。

「売れている、人気のある」お店は、トップページがキレイだったり作り込まれていることが多いですよね。
気を付けていただきたいのは「トップページがキレイだから売れている」ということではありません。
ユーザーは、当たり前ですがトップページだけを判断して商品を購入しているわけではないということです。

デザインだけでなく、「買う理由がそのお店にあるから買う」ということを忘れないでください。
”買う理由”が生まれることで、自ずと”デザイン”が生きてきます。

疑うお客様に先手を打とう!押さえておきたい商品ページの作り方

2017.11.23
ネットショップトップページ作成のタイミングについて