ニッチな商品を売るには師弟関係を築くのが効果的です。

ネットショップでニッチな商品を販売する場合、大切なことは検索対策と師弟関係を築くことです。
まず、ニッチな商品とはどういった物を指すのでしょうか。
参考例を挙げながらお話していきたいと思います。

ネットショップ師弟関係

ニッチな商品とは?

ニッチな商品を考えるときりがありませんが、比較的ネットショップでも扱いやすいものを例として挙げています。

  • 高級な着物を販売しているお店
  • 工場の写真を販売しているお店
  • 鳴く虫を販売しているお店
  • 亀専門店
  • 青汁専門店

「工場の写真を販売しているお店」に関しては、工場が好きなマニア向けの通販ショップですね。
意外と工場が好きな人って存在しているのをご存知でしたでしょうか。
知り合いにも好きな方がいますが、工場の写真集があれば買っているそうです。

また、「鳴く虫を販売しているお店」。
こちらは、以前テレビ番組「マツコの知らない世界」で紹介された”虫の音の世界”後藤啓さんが営んでいるということで、一例として挙げています。

虫の音にハマっている後藤さんは、「鳴く虫の捕り方・飼い方」という本も出していてマニアの中では有名人です。
その甲斐あってか、ご自身で採集した虫をインターネットを通じて販売されています。

小さい頃から虫が好きだったということでしたので、ある意味、趣味同然。
趣味が仕事として活きている、好きなことを仕事にしているので成功者と言っても過言ではないと思います。

ニッチな商品を販売する大きなメリット

前述の通り、ニッチな商品は比較的マニアの方や個性的な人から求められやすいので、ライバルが少ないといえます。
そのため、競争率も当然少ないので、その業界の中で「1位を目指しやすい」という大きなメリットがあります。

しかし、逆に万人受けする商品ではないので、その商品を欲しがって「検索」してくるお客様に露出しなければ売れるものも売れません。
ニッチな商品を販売するなら、検索対策(SEO等)が重要という点は理解しておく必要があります。

お客様との師弟関係を築こう

ユーザーがニッチな商品を探す場合、関連情報も併せて探す傾向にあります。
例えば、「着物 人気」「着物 おすすめ」などの検索キーワードです。
これは、”高級なものを購入するので失敗したくない”などという心理が働くためです。

そのため、商品自体の魅力以前に「こんな人にはこれがおすすめ(用途)」や「どういう着物が定番か」、「どういう着物が人気か」などをユーザーに教えてあげるのです。

専門の人から教わることで、ユーザーは不安が解消され、安心して購入できます。
いわば信頼関係を築くのと一緒です。


前述で、後藤啓さんのお話をしましたが、以下が虫を販売されているネットショップです。

鳴く虫研究社通販ショップ

鳴く虫研究社

このショップでは、ただ商品を販売しているだけでなく、飼育方法の基本情報だったり、コオロギ類を飼育する方法などの情報コンテンツが掲載されています。

確認したところ、コオロギ類だけでも10種類以上の飼育方法があるようです。

こういった情報は、ユーザーにとって専門性の高い情報となり有益な知識を得られる場でもあります。
そこで信頼性も生まれますし、一種の師弟関係にもなり得るのです。
そして、また次もこの店で購入しよう!という心理が働きます。

最後に

上記からも察しがつくように、専門性を持たせることでよりニッチな商品に近づいていきます。
そのため、販売する側は高い専門知識が必要です。
でなければ、師弟関係のような「教えながら売る」という施策ができないからです。

ニッチな商品は大きなメリットがある分、上記のようなデメリットもありますから十分に理解し把握した上で、ネットショップを運営する必要があります。

ネットショップ師弟関係