ネットショップ名前の付け方とコンセプトの考え方について

ネットショップを開業する際に悩むのが「ショップ名(名前)」です。
適当な名前をつける人はいないと思いますが、安易につけると後々大変なことになりかねません。
また、それに伴い「コンセプト」もネットショップを運営していく上で大切です。

ネットショップの名前をつける時のポイント

ネットショップ名前をつける時のポイント

まず「他店よりもインパクトを与えるような名前」や「販売している商品が伝わりやすい名前」というのも意識しておきたいところです。

それから、好きな言葉などを用いるというのもあなたの個性となりますので、ショップ名を考える時に役立ちます。
例えば愛犬の名前などから取るのもひとつの方法です。実際にそういったオーナーさんもおられます。

また、あなたがライバル視する他店や人気のあるネットショップなどを色々と見てみましょう。
そこから参考となる事柄やイメージが膨らんでくることもあります。

そして何より「わかりやすく覚えてもらいやすい名前」をつけることが大切です。
ショップ名があまりに長いとGoogleなどで検索するときにお客様があなたのお店の名前を思い出せず、結果的に販売機会を逃してしまう可能性が出てきてしまいます。

英字等の名前をつけた場合の注意点

ファッション系のネットショップだったりすると、よく見受けられますが、英字などでショップ名を決められているところが多かったりします。
一見カッコよくオシャレなイメージとして捉えることができますが、特に筆記体などの場合「ショップ名が読めない」というケースがあります。

筆記体のショップ名
このような場合を想定し、読みがな(カタカナ)などを一緒に明記しておくことが理想的です。
そうすることで、お客様が誤読することも防げますし、ショップ名での検索もされやすくなります。
特にネットショップ初心者の方に起こりうるケースなので気にかけておきましょう。

実店舗からネットショップを開業する時

すでに実店舗を運営している場合は、必ず関連性のあるショップ名を付けるようにしましょう。
また、今回のテーマとは少しずれますが、ネットショップのデザインについても同様の考え方ですので、
実店舗とネットショップの雰囲気がかけ離れてしまうようなデザインはあまりよくありません。

キーワードから店舗名を決める

ネットショップには必ず、最重要キーワードが存在しています。
例えば、腕時計のお店なら、各メーカーやブランド名も大事なキーワードですが、最も大事なキーワードは「腕時計」です。
この場合、ネットショップの店舗名には「腕時計なら吉田店」などという名前を付けることができます。

なぜキーワードを店舗名に入れるのか

検索エンジン(GoogleやYahoo JAPANなど)での表示順位の仕組みは、ユーザーが検索の際に使った「キーワード」と同じテーマを持ったページで、かつ「評価」の高いものを上位表示させる仕組みになっています。

そのため、ユーザーに必要とされるキーワードを想定(見つけ出し)し、ページ(ショップ名)などへ入れる必要があります。
この対策は、SEOの基本といえます。

ネットショップの名前をつける時の注意点とは

ネットショップの名前をつける時に意外と見落としがちなのが、商標権の有無です。
第三者によって、すでに商標権が取られていないかの確認をするのがベターです。

ネットショップの名前をつける時の注意点

商標権とは

商標権とは簡単にご説明すると、商品やショップ名などの商標について、他の人が使用できないようにする権利をいいます。
商標権の取得には、特許庁に申請を行う必要があります。受理されればOKです。
もちろんこの申請は早い者勝ちとなります。

知名度の高いブランドや企業名などに似た名前をつけるだけでも「不正競争防止法」にひっかかる可能性があるので注意しましょう。

商標権の有無は、特許庁の公式サイト、以下のページから確認することができます。

商標権の確認方法

ネットショップのコンセプトについて

コンセプトという言葉は耳にしても、実際に「コンセプトって何?」「どのように決めるの?」という方は多いのではないだろうか。

ネットショップコンセプト

コンセプトを決める必要性

ネットショップでいうコンセプトは、方針・理念だったりショップの概要的なことに繋がります。
この部分は土台のようなもので、しっかり固まっていないと運営していく中で、路頭に迷う可能性があります。

例えば、商品の売り方やお客様への案内の仕方、デザイン性などにも関わってくる部分です。

あなたのショップを端的に説明することができ、それを聞いたお客様が興味を持ってくれれば、それはコンセプトがうまく固まっていることに繋がります。

また、ネットショップはインターネット上にお店を構えるわけなので、ターゲットやキーワードにもよりますが、ある意味、全国・全世界の人に発信できるわけです。
そこには多くの競合店が存在するやもしれません。

そこで重要になってくるのが「あなたのお店のウリ」になるものを考えておく必要があります。

これもまた、ひとつのコンセプトの形であり、あなたのお店の強みを掲げることで、よりしっかりとしたコンセプトに繋がります。

お店のキャッチフレーズ

コンセプトを決めたら、キャッチフレーズも考えましょう。
「お店のコンセプトを一言・ワンフレーズで伝える」そんなイメージです。

これらも、様々なネットショップで買い物をしているユーザーに向けての挨拶のようなものなので、伝わりやすく目を引いてもらえるようなキャッチフレーズにしましょう。

ショップの強みを見つける方法

ショップの強みといっても「中々見つけづらい」「どうしたら良いかわからない」という方もいるでしょう。
そんな方は「QPC分析」を行いましょう。

QPCとは

QPCとは、Quality(品質)・Price(価格)・Convenience(利便性)の略です。
QPC分析を行い、どの部分が当てはまり、どの点が一番強いのかを把握することで、ショップの強みに反映することができます。

【参考例】 ■Quality(品質) 無添加で、某メディアに取り上げられる ■Price(価格) 産地直送なので低コスト ■Convenience(利便性) ○○時までにご注文頂くと当日発送

レビューやお客様の声から強みを発見する

ネットショップにおいて、お客様の声(レビュー)というのは売上を出すのにも効果的であり、資産となり得る、とても大切な宝ものといっても過言ではありません。

お客様の声からわかることは実は沢山存在し、より良いネットショップ運営をしていく上でとても重宝する材料なのです。

また「お店の強みを新たに気づかせてくれる」大切な場所でもあります。

レビューを売上面だけで考えずショップ全体を通して上手に活用することで、お店の強みも増えていきますし、更にお客様に喜ばれるネットショップを築くことができます。

筆記体のショップ名