ネットショップ運営者には副業でまたは個人事業主も多く存在します

以前「ネットショップとは?初心者の方向けに仕組みを解説いたします」の記事で、ネットショップの可能性についてお話しました。

今回は、ネットショップはどんな人が運営しているのか?またなぜネットショップを始める人が増えてきているのか?のお話をしていきたいと思います。

どんな人がネットショップを運営しているの?

まず、ネットショップを運営している人ですがさまざまな人達がおられます。
企業はもちろん、最近では個人や個人事業主の人達もネットショップ開業をされています。
個人の中にはサラリーマンや主婦、OLさんなどもおられ、普段はお仕事などをされながら副業でネットショップを運営する人も少なくありません。

ネットショップ運営者

現に弊社のクライアント様も個人や個人事業主の方が最近多くなっている傾向にあります。

「個人事業主として行うことは大変じゃないの?」

と思われている人が意外と多くいますが、実はそんなことはありません。
以前に比べて敷居が低くなってきています。

ネットショップが簡単に作れる、ネットショップ開業サービスが増えてきており、
価格帯もリーズナブルなサービスが増えてきたことから個人の方でも気軽にネットショップを始められる時代になったのです。

ネットショップのメリットとは?

ユーザー視点

ネットショップの人気の秘密はいろいろと考えられますが、根本的な考え方は変わっていません。
商品を購入するユーザー側からすると「自宅にいながら商品が手に入る」「いつでも好きな時に買い物ができる」「安いお店を探せば、お得に買物でする」などの手間やお財布に優しいというメリットがあります。

販売者(オーナー)視点

一方、販売する側からすると、通常お店を構えようとすると何百万~何千万円という費用がかかります。
それ以外にも毎月かかる費用などが存在しますので、ものすごい出費になります。

ネットショップであれば、そのような高額な出費をかけることなく初期費用&毎月の料金などでインターネット上にあなただけのお店を持つことができるわけです。

また、月額といっても実店舗ほど費用はかからず、安いところでは約千円くらいで済むサービスも存在します。
そして最大のメリットとしては、大きなリスクを背負うことなく始められるという点です。

上記のことからわかるように、法人・個人問わず、ネットショップはあらゆる人達が参入できるビジネスになってきています。