ネットショップを効率よく運営!スケジュールや定休日の決め方

ネットショップを運営するのってやることが沢山あって上手くこなしていけない。
そんな方にお教えしたい効率よくネットショップを運営していくための方法をお教えします。

また、それによって、スケジュールや定休日といった基礎の決まりごとを決めるポイントにもなります。

ルーティーン化する仕事内容を決める

タイムスケジュール

まず、毎日のおおまかな仕事をルーティーン化することが大切です。
日々日々そのルーティンに則り、ひとつずつの作業をこなしていくのです。

そのための必要な仕事を書き出してみましょう。

(例)

  • 清掃
  • 梱包作業
  • 商品の検品
  • 宅配業者の集荷(時間も確認しておく)

など。

スケジュール決めのポイントは集荷時間

スケジュールを決める際に、注意しておきたいのが【宅配業者の集荷時間】です。
宅配業者と契約をするときに、「毎日◯時に集荷」という、取り決めが交わされます。
こちらの時間をポイントとし、逆算することでスケジュールを立てることができます

※ネットショップが繁盛してきたら、1日に数回の集荷時間を設けることにもなるので、それに併せてスケジュールを組み直すことが必要です。

ご注文を頂いたお客様を第一に

スケジュールを立てるポイントは抑えられました。
ここで忘れていけないのが、ご注文を頂いているお客様へ可能な限り迅速に対応するということです。
そのため、「お客様のご注文から発送までの流れ」を邪魔することなく商品写真撮影やショップの更新作業を行う必要があります。

スケジュールを立ててみよう

では実際にスケジュールを立ててみましょう。今回は、宅配会社の集荷時間が16時である場合を想定します。

09:30 作業場所の清掃

10:00 注文を確認→納品書を印刷

10:30 在庫確認をして、検品

11:30 梱包作業

12:30 お昼休み

13:30 商品写真撮影やその他の業務

15:00 当日受注分の注文受付処理

16:00 宅配業者に集荷してもらう

16:30 お客様へ発送メールを送信

17:00 今日の仕事の確認と明日のスケジュール確認

上記はほんの一例ですので、受注量などによって重点を置く場所は変わってくるかと思います。
ただ、このようにおおまかな流れを決めることにより、時間をある程度意識した取り組み方ができるのではないかと思います。

ネットショップでの定休日の意味

ネットショップ定休日カレンダー

ネットショップも、以前は年中無休で運営されているショップさんも多く見られましたが、今は実店舗のように定休日を定めているショップが増えています。
定休日とはいっても、お客様対応や発送業務がないだけで受注は年中無休で受けることができます

これは、実店舗と比べたときのネットショップ大きな強みとも言えます。

定休日と、決まった休みを設けることで平日はなかなか手の届かなかった、サイトの更新やブログの更新、ショップの運営についての考えをまとめるなどゆっくりと考える時間に使うことができます。

その考える時間が今後の集客や、リピーターを呼ぶきっかけにつながるかもしれません。

もちろん、運営者さま自身の身体と心の健康のためにも、定休日を設けることは良いリフレッシュになるのではないかと思います。
自分のショップに合った、定休日を設定しましょう。

定休日についての注意点

定休日を自分だけで把握していても仕方がありません。
特に定休日の表記もなく、訪れてくれたお客様のお問い合わせにお返事がない場合、不信感を買う原因にもなります。
トップページにカレンダー式で表記したり、お店の情報を掲載しているエリアなどお客様の目に留まるエリアに掲載しておきましょう。

また、体調不良や冠婚葬祭など休業することがあれば、トップページに掲載するのはもちろん、ブログなどSNSなどで告知しておきましょう。
既にご注文を頂いているお客様には具体的な発送日を個別でお知らせするなど、丁寧な対応を心がけましょう。

お客様に不信感を与えることがないよう、誠実な対応をすることが大切です。

まとめ

ネットショップで営業時間や定休日を決めるとは、ある意味自分(ショップ)自身の基礎となる決まりごとです。
ネットショップの運営形態や、本業にしているか副業なのか、個人なのか企業なのか状況によって様々だと思います。
その中でも、お客様を第一に考え効率よく運営していきましょう。

タイムスケジュール