BASEのCMに香取慎吾さんが起用!ネットショップが誰でも簡単に始められる時代へ

ネットショップ無料開業サービスのひとつに「BASE(ベイス)」があります。
そのBASEが香取慎吾さんを起用したテレビCMが話題とされています。
まずは動画をピックアップしたのでご覧ください。

web限定動画:夢をあっさり現実に(漁師篇)

※タイミングによっては動画が見れない可能性があります。

web限定動画:夢をあっさり現実に(ファッションデザイナー篇)

※タイミングによっては動画が見れない可能性があります。

香取慎吾さん特別インタビュー

※タイミングによっては動画が見れない可能性があります。

BASEとは?

BASE(ベイス)は、ネットショップを無料で始められるサービスです。
そのため、初心者の人やこれからネットショップを始めたい!という人に向いています。
1番のメリットは、無料で使えるというところですね。

もともと無料のサービスの中では、有名どころのBASEさん。
約45万店舗が利用されており、ショッピングアプリ「BASE」は約400万ダウンロードされています。(18/02現在)

今回、香取慎吾さんを起用されたことで、今まで以上にBASEブームが予想されます。
そうなると、必然的にネットショップの規模も増えてきますので、よりライバル競争が激しくなる可能性があります。
どう差別化を図るかが今後の課題になりそうです。

BASEの作り方

サンプルではありますが、BASEで実際にショップを作成してみました。
今回はその過程をご紹介します。

※ご覧いただくタイミングによっては、作成方法が異なる場合がございます。

まずは、BASEの公式サイトにアクセスしましょう。

BASE香取慎吾

1、無料登録しよう

ベイス、無料登録

初めに、メールアドレスとパスワード、そしてショップのURLを決めて無料登録をおこないます。
ショップURLは、自店が伝わりやすいものが良いですね。

誓約書

誓約書を確認して、同意をします。

2、ショップ公開までの5つのステップ

ネットショップ開設おめでとう

あっという間に、ネットショップ開設できました。
次に、ショップを公開するまでの5つのステップをおこないます。

  1. アカウントメール認証
  2. 特定商取引法に基づく表記の入力
  3. 決済方法の設定
  4. 商品登録
  5. ショップ公開設定

 


アカウントメール認証

メールの認証

登録したメールアドレス宛に、BASEからメールが届いているはずなので、確認しメールアドレス認証を完了させましょう。


特定商取引法に基づく表記の入力

特定商取引法に基づく表記

次に、特定商取引法に基づく表記の登録をおこないます。
電話番号も必須になります。
ただ、ショップに反映される電話番号は「画像化」されるので、電話番号で検索されるといった可能性は低そうですね。
このあたりはBASEさんの優しさを感じました。


決済方法の設定

決済方法の設定

BASEかんたん決済の利用申請をおこないます。
「BASEかんたん決済」とは以下の5種類の決済を総称したものを表しています。

  • クレジットカード決済
  • コンビニ(Pay-easy)決済
  • 銀行振込決済
  • 後払い決済
  • キャリア決済

 

ちなみに、手数料はかかります。
1回のご注文の総合計(送料含む)に対して、3.6%+40円の決済手数料です。
更にサービス利用料として、注文合計金額のうちの3%がかかります。


商品登録

BASE商品登録

次に商品登録をおこないます。
ここではテスト商品として仮登録しています。

在庫数の種類も追加することができます。

商品画像登録

画像もドラッグアンドドロップでおこなえます。
推奨サイズが書かれているように、登録する際は可能な限り正方形の写真画像を設定するようにしましょう。
画像枚数が20枚まで設定できるのは嬉しいですね。


ショップ公開設定

後は、ショップ公開をして完了です。
おつかれさまでした。

ネットショップBASE完成

当方はいくつかの開業サービスを経験していますが、その中でも簡単に進めることができました。
わかりやすいという意味では、初心者の方にはおすすめだと思います。

デザインも変更可能

デザイン設定

デザインのメニューから、デザイン(テーマ)を変更することも可能です。
いくつかあるので、あなたの好みのテーマに変更しましょう。

テーマ変更ブルー デザイン変更イエロー

デザインにこだわりたい人は、有料のテーマも販売されているのでそちらもチェックしてみてください。

HTML編集の可能

BASEでは、沢山のAppsが存在しています。
Appsとは、簡単にいうと拡張機能みたいなものです。

apps一覧

無料で使えるものも多く、その中でHTML編集があります。

HTML編集apps

こちらのAppsをインストールすることで、ネットショップのデザインやレイアウトを自由に変更することができます。
変更する場合は、HTMLやCSS、javascriptのスキルが必要です。

HTML編集画面

気になる集客について

ネットショップを開業しても集客できなければ意味がありません。
BASE自体が無料のサービスですから、集客のために費用をかける人は少ないと予想されます。
そこで気になるのがSEO対策です。

BASEでは、SEOのAppsが存在します。

BASEのSEO設定

このApssをインストールすると、ショップや商品に関する「キーワード」「説明文」などが設定できます。
1番大事と思われる「タイトル」が設定できないのは残念な気がします。

タイトルエリアがない

そのため、現状おこなう対策としては、ショップ名や商品名などに直接キーワードを含んだ内容を入れることになるでしょう。

タイトルの重要性

ショッピングアプリからの集客

ショッピングアプリべいす

出典:BASE(ベイス)

前半部分にお話しましたが、BASEにはショッピングアプリがあります。
400万人以上が利用されているアプリです。
BASEでショップを作成して登録した商品は、このショッピングアプリ上に自動的に表示される仕組みとなっています。

購入者は、気になるショップをフォローしたり、商品をお気に入りできます。
すぐに購入するまでに至らない購入者にとって、この機能はとても有効的だと思いますし、購入者からフォローしたお店の情報は届きやすいのでショップ側からしても利点といえます。

BASEライブ

ショッピングアプリBASEには、ライブ機能も搭載されています。
写真や文章だけでは伝わりづらい部分も、ライブなら伝わりやすくなります。

1番のメリットは、購入者とショップとの間でコミュニケーションが取れ「信頼性アップ」に繋がるところです。
ライブ中は、購入者からのコメントなども確認できるので、会話をしながら商品を紹介したり、商品ができる過程などの魅力を伝えることもできます。

ショッピングメディア「BASE Mag.」で発信

ショッピングメディアbase mag

BASEでは、「BASE Mag.」というショッピングメディアを運営しています。
このメディアに掲載することで、集客を見込むことができます。
ただ、掲載されるには審査があり、必ず掲載されるというわけではないようです。
以下が掲載の流れとなります。

  1. AppsでBlogをインストール
  2. ブログを作成し公開
  3. 記事作成時に「Mag記事作成」を選択し執筆(掲載申請)

ブログ開設時の1記事目から掲載申請は難しそうなので、ある程度自身のブログを育ててからのほうが現実的かもしれませんね。

最後に

今回は、香取慎吾くんがCMに起用されている「BASE」についてのご紹介をさせていただきました。
BASEを使ってみるとわかりますが、楽天やヤフーなどとは違う土俵な気がします。
比較的、クリエイターさん向けのネットショップな雰囲気もしますし、BASE内のショップを見るとわかりますが写真のクオリティが高いです。

そういった意味では、BASEでライバルと戦うには、写真のクオリティは1番に重要視する必要があると思います。

今後は、ファッション・雑貨・ハンドメイドなどだけでなく、香取くんのCMでもやっていましたが漁師さんや農家さんなどの活躍の場としても盛り上がることを期待しています。

BASEを使ったネットショップデザインはこうやって作ろう!

2018.05.07
BASE香取慎吾