ネットショップの競合調査をする上で便利なツール6つ

ネットショップを開業、運営する上で欠かせないのが競合調査です。
なぜ必要なのか?それは目が肥えてきている消費者が常に比較しているからです。
それからトレンドを把握したり、新たな売り方を発見したりすることもできますし、また、あなたのお店の弱みや強みを知ることにも繋がります。

これらのことをリサーチし、あなたのお店でより購入してもらうにはどうしたら良いか?を日頃から意識し対策していく必要があります。

SimilarWeb(シミラーウェブ)

シミラーウェブ

ライバルサイトにどれくらいアクセスがあるのか、どんなキーワードで検索されているのか、
また、どこからアクセスがあるのかなどの全体の割合を示したトラフィックソースだったり、
ソーシャルメディアからはどれくらいアクセスあるんだろう?なんてところも調べることができます。

シミラーウェブは、ブラウザに拡張することができます。
※導入するタイミングによっては使えないことがあるようです。その場合は上記サイトから直接URLを入れて活用しましょう。

SEOチェキ!

SEOチェキ!

こちらはご存知の方も多いと思いますが、URLを入力するだけで、
サイトタイトルやサイト説明文、キーワードだったり、ページランクや被リンク数、被リンク元なども調べることができます。

SEOカウンセラー

SEOカウンセラー

こちらは、あなたのサイトのURLと狙っているキーワードを入れることで、指定したキーワードに対して順位を出してくれます。
順位の中には、もちろんライバルサイトがあり、ライバルサイトのサイトタイトルからh1要素、関連キーワードを見ることができます。
会員登録(無料)をしないと一部確認できない項目もあります。

いくつかのライバルサイトのサイトタイトルやサイト説明文、h1などが一度に確認できるのは有難いですね。
また、項目の意味などがわからない方向けに解説文も記載されています。

talabagani.jp

talabagani.jp

こちらも使い方は基本的に他のツールと変わりません。
対象となるURLと、キーワードを入れるだけです。
タラバガニさんはどちらかというと内部対策チェックに適していると思います。
基本情報から解析情報のタブに切り替えると、内部リンク数やキーワード出現率、キーワード出現数上位3を確認できたりします。

SEO Browser

SEO Browser

ネットショップの競合調査する上で大事なことに、コンテンツのボリュームやカテゴリー分けなどがあります。
ここでいうコンテンツボリュームは、テキスト(文字数)を指します。
ネットショップでは、意外と画像をふんだんに使用しがちですが実はテキストも重要でSEOに関わってきます。

「SEO Browser」は、指定したURLを入れて「Simple」ボタンをクリックすると、
画像やスタイルシートなどの装飾をなくし、ページ内容をテキストベースで表示してくれます。

テキスト内には、アンカーリンクやどのようにカテゴリー分けしているかなども確認できます。
ネットショップのカテゴリー分けはとても大切で、商品が多いほど重要度が増します。
目視でライバルサイトを調査するのも良いですが、ツールを使うのに慣れてくると効率化できます。

また「ここの部分って画像なのかな?」なんてサイトを見ていると一見わからない場合ってありますよね。そんな時、ページをテキストだけの丸裸にできますし、ライバルサイトの商品ページなどのテキスト量が把握できれば、あなたのネットショップページ内の施策や検証に繋がります。

まとめ

ネットショップの競合調査をする上で、便利だと思われるツールのご紹介でした。
このような便利なツールは助かりますし、無料で使えるのでかなりお得だと思います。
個人的には、ツールと併用してライバルサイト自体のサービスを使ったり、目視でも調査することで、よりネットショップの本質だったり、理解が深まるのではないかと感じています。

ネットショップでライバルに負けるな