この方法ならpdf結合が簡単!PC音痴でもできた厳選3つのやり方

あらゆる環境でほぼ同じように文章や画像等が閲覧できる「PDFファイル」はとっても便利ですよね。
ネットビジネスでは欠かせないものですし、ビジネスに関わらずパソコンで文書を変換等する際に、PDF形式にすることも増えてきています。
そんな中、pdfファイル同士を「結合したいな~」「ひとつのpdfにまとめたいな」って思う時はありませんか?

実際に女性(60歳)で、パソコンにあまり詳しくない方にこのような相談をされたことがありました。
その時にお伝えした「パソコン初心者でも簡単にできる厳選した3つの方法」をご紹介したいと思います。

60代女性

ポイントは、初心者の方でもやりやすい方法という点とインストールなどが不要という点です。
パソコン自体にインストールしてしまうと余計な容量を取りますし、知らぬ間に余計なものまでインストールしてしまっている場合があります。

完全無料!PDFファイルの結合「smallpdf」

こちらはオンライン上でpdfファイルを結合できるサービスです。
試してみましたがとっても簡単でした。またそれ以外のpdfに関するツールも提供されています。


【手順1】

結合させたいpdfファイルをドラッグアンドドロップするか、ファイル選択ボタンから選びます。

merge-pdf1

【手順2】

すると、以下のような画面になるので、PDFの結合ボタンをクリック。

merge-pdf2

【手順3】

保存画面に移り変わります。グーグルドライブへも保存できます。

merge-pdf3

ちなみに、ドロップボックスにも対応している。バックアップとしてクラウドサービスを使うのもありですね。

merge-pdf4

通常は、「ダウンロードして下さい」ボタンをクリックします。

merge-pdf5

ダウンロードしたPDFファイルを確認したところ、しっかり結合されていました。

merge-pdf6

PDF結合、変換、分割などの機能をコンパクトにまとめたツール「pdf_as」

こちらはフリーツールになります。(Windowsのみ対応)
ダウンロードする必要はありますがインストールなどが不要なので、さくっと簡単に使うことができると思います。


【手順1】

ダウンロードページよりソフトをダウンロード。

pdf-as1

【手順2】

ダウンロードできたら、ファイルを開きフォルダ内にある「pdf_as.exe」を起動します。

pdf-as2

【手順3】

下記の画面が開いたら、結合させたいpdfファイルをまとめてドラッグアンドドロップします。

pdf-as3

それぞれのアイコンにカーソルを合わせると、なんの項目だか確認できます。
また、ファイルの並び順なども下部にある「上に」「下に」ボタンで入れ替えることができます。

pdf-as4

【手順4】

結合ボタンを押すと、保存画面に切り替わるので、任意の名前で保存。

pdf-as5

こちらもバッチリ結合されていました。

pdf-as6

Macでpdfを結合する方法

マックユーザーの方が、pdfファイルを結合するための簡単な方法を画像形式でご紹介させて頂きます。
※以下の参考イメージで使用しているマックは古い為、パソコンの環境によっては表示が異なる場合があります。


【手順1】

まずは、結合したいファイルを開きます。このとき、サムネイルビューを表示させておきます。

mac1

【手順2】

次に、サムネイルビューで表示されている先ほど開いたpdfファイルの上に、重ねるようにしてドラッグアンドドロップします。

mac2

【手順3】

すると、ひとつのpdfファイルとして結合できます。
また、ドラッグアンドドロップで順番も変えることが可能です。

mac3

【手順4】

後は、名前をつけて保存すればOKです。

mac4 mac5

念の為に、先ほど保存したファイルを確認してみると、

mac6

こちらもpdfファイルがしっかりと結合されたことが確認できました。

mac7

ちなみに、結合のやり方とは全然関係ありませんが、この方法をお伝えさせて頂いた時に「マックでのスクリーンショットってどうやるんですか?」という質問を頂いたので、その方法もメモがてら掲載しておきます。

マックでスクリーンショットする方法

「command + shift + 3」でデスクトップのスクリーンショットを撮ることができます。
部分的にスクリーンショットを行うこともできます。
こちらでも詳しく解説されているので、知らなかったという方はチェックしてみて下さい

最後に

いかがでしたでしょうか?pdfを結合する方法はいろいろとありますが、沢山押さえておくよりは使いやすくてわかりやすいものをチェックしておけば十分な気がします。
これらの方法を使って効率的に作業しましょう。