そんな欠点が!?撮影用三脚KingFotoproDIGI204WHホワイトのレビュー口コミはこちら

先日、KingFotoproDIGI204-WH(ホワイト)という三脚を購入しました。
楽天やAmazonで価格のわりには人気だったのでこちらに決めたのですが、こんなところに欠点があったとは…

購入の経緯

ネットショップで取り扱う商品写真のための三脚を探していました。
とはいうものの、それほど高機能のものを求めていたわけではありません。
理由として、スマホで写真を撮る予定だったからです。

一眼レフなどは初めのうちは必要ないと思いましたし、ヘタにデジカメを買うよりスマートフォンで十分。
今のスマホなら、ポイントを押さえるだけでそれなりの写真を撮ることは比較的簡単に行なえます。

ということで、安価でとりあえず問題なく使えそうな三脚を探していたところ、KingFotoproDIGI204-WH(ホワイト)を見つけたので、楽天にて購入しました。

KingFotoproDIGI204-WHレビュー

こちらが三脚の商品です。
一緒に三脚を入れるようの黒いカバー袋が付属されています。

三脚KingFotoproDIGI204WHの箱と付属品

 


三脚の取扱説明書は、箱に書かれていました。
紙ベースで取説がなかったのがちょっと残念。
これだと保管しておく場合に、ちょっとスペースを取ります。

KingFotoproDIGI204WHホワイトの取扱説明書

 


三脚(実物)です。
ペットボトル(500ml)のサイズと比較するとこんな感じですね。
けっこうコンパクトだし、軽いので持ち運びする時には良い感じです。

KingFotoproDIGI204WHホワイトをペットボトルのサイズと比較

 


実際に取説を見ながら設置してみました。
設置はすごく簡単です。手順はシンプル。
以下の写真では撮影機器は設置していない状態です。
(スマホ、カメラともに設置可能です/1.5kg以内)

 

「おや…」

写真を見て何か気付きませんか?

「少し斜めっている!」

KingFotoproDIGI204WHの雲台が水平じゃない!?

そうなんです。
KingFotoproDIGI204の欠点、それは雲台が水平ではないということなんです。
写真だとわかりづらいところもあるかもしれません。
また、撮影の仕方の問題も考えられますが、決してそういうわけではありません。

注意して欲しいのは、もしかすると私が購入した三脚がたまたま欠陥?品かもしれないということ。
ですが、その後、商品の交換もして頂きましたが同じ状況でした。
それもたまたま?

雲台を水平できないの?

三脚の雲台をどうにか水平にできないものか。
この三脚の作り上、以下画像でもおわかりのように倒れる角度が決まっています。
そのため、一定の角度で固定されてしまうわけです。

三脚KingFotoproDIGI204WHたて撮影 三脚KingFotoproDIGI204WHよこ撮影、角度に制限がある

 

 


 

ちなみに三脚にある水平器を見れば、三脚自体はほぼ水平に保たれているのがわかります。
やはり雲台の問題です。

三脚KingFotoproDIGI204WHの水平器

脚を伸縮し調節する方法もありますが、毎回行わないといけないため現実的ではありません。

雲台を水平にする方法

試行錯誤していたところ、Amazonの商品ページにこんなレビューがありました。

なるほど。
少し不安はありましたが、「使えなくなってもいいや」というダメ元の気持ちでチャレンジすることにしました。
(水平ではないので、私の中では使いものになりませんし)

ご注意事項

三脚を分解、加工などをする際はご自身の責任のもと行ってください。
当方は一切の責任を負いかねます。
よろしくお願いいたします。

カメラ台ストッパーを取り外す

まずは、以下写真のようにカメラ台ストッパーを取り外します。

三脚KingFotoproDIGI204WH、カメラ台ストッパーを回す

 

 


 

カメラ台ストッパーを取り外すと、雲台ごと分解することができます。

三脚KingFotoproDIGI204WH、カメラ台ストッパーを外す

5mmほどの突起物を削り取る

雲台を取り外すと、5mmくらいの突起物があるのがわかります。
この部分がストッパーになっていて、雲台が倒れる範囲が制限されていたわけです。

KingFotoproDIGI204WHストッパー

 

 


 

 

この部分をカッターなどを使って削り取っていきます。

KingFotoproDIGI204WH、突起物を削り取る

すごく根気のいる作業になります。
私の場合ですが、かなり時間がかかりました。
手間も時間も惜しまないという方はチャレンジしてみてください。

 

 


 

途中、集中力が切れてカッターで親指を切ってしまいました。
ドジでマヌケなやつです。ほんと。。

カッターで指を切った

 

 


 

やっとの思いで突起物を削り取りました!!

突起物を削り取った後

少しまわりも傷ついてしまいましたが致し方ありません。
それくらい苦戦してました。

削り取った突起物

このちっこい突起物の悪い夢を見そうです・・・

雲台を水平にすることができました。

再び雲台を取り付けて、試したところ水平に保つことができました!

「やったー!」

これでなんとか商品の写真撮影で活用できそうです。

KingFotoproDIGI204WHの雲台が水平になった

写真ではわかりづらいですが、ほぼ水平になっている

 

 


 

ちなみに、突起物を取ったことで倒れなかった角度までいけるようになりました。

KingFotoproDIGI204WHの加工をして雲台の倒れる角度を大幅アップ

KingFotoproDIGI204を使っての感想、口コミ

KingFotoproDIGI204WHの三脚を使ってスマホで商品撮影

買った当初は、初期不良!?と思い凹んでいましたが、自ら加工し手を加えたことで使えるようになりました。
私の場合は、冒頭でもお話した通りネットショップで販売する商品撮影のために購入しました。

仕事用としての三脚なので、やはり若干の傾きも気になり手を加えましたが、ちょっとしたお出かけ時の撮影や気軽に撮る写真ならそこまで気にならなかったと思います。

私と同じような用途、またはしっかりとした写真撮影をする場合は、今回ご紹介した加工が必要になるかもしれません。
そもそも、加工が必要な三脚なんてダメなんですけどね(笑)
ですが、コンパクトで軽いし色もホワイトでオシャレなので気にっています。

KingFotoproDIGI204WHの三脚を使ってスマホで商品撮影
楽天ショップホームページ制作

オリジナルショップ作り
楽天ショップ制作代行

楽天ショップ制作、作り方でお悩みごとはございませんか?
デザイン性をアップすることで、回遊性、転換率アップにも繋がります。