フェイスブックは危険!?利用する際にプライバシー設定をして個人情報を守ろう!

フェイスブックを使う時に気になるのが、自分の情報がどのくらいの範囲まで公開されてしまっているのだろう、または投稿時にどこまでの人に見られてしまっているのだろう、何て気になるところです。

フェイスブックを使い慣れている人には良いですが、初心者の方だったり、これからフェイスブックを始めようと思っている人はこの辺りが気になり、サービス自体を敬遠してしまい使わない、というケースもあるようです。

こちらのページでは、初心者の人がフェイスブックを楽しく始められるように、プライバシー(共有範囲)に関する設定を見ていきたいと思います。

プロフィール公開設定

下記イメージは、プロフィール編集の居住地を追加の設定画面です。

profile

項目ごとに「共有範囲」を設定して、個人情報のコントロールをすることができます。
また、タイムラインページ登録するプロフィールもこのあたりの設定で可能です。

公開またはすべてのユーザー

koukai

フェイスブック上のすべてのユーザーだけでなく、インターネットを利用しているすべての人に情報を公開する設定です。

友達

friend

フェイスブック上で、あなたが友達として繋がっているユーザーのみ、情報を公開する設定です。

リスト

list2

友達の中でも、親しい度などがあると思うが、関係に応じてリスト設定し、投稿時に選ぶことで該当するリスト内の友達のみ公開する設定です。

カスタム

custom

特定のリストに含まれる友達のみを対象外にするなど、公開する情報を細かく設定できます。
このあたりの設定はリストを新たに作成することで実現できます。
リスト作成については、以下のページで詳しく解説しています。

自分のみ

my

自分のみに情報を公開する設定です。
フェイスブック上には投稿する形にはなるが、他のユーザーからは見られません。
備忘録がてらに使うのも良いかもしれませんね。

プライバシー設定とツール

上記では、主に投稿時の範囲設定のやり方についてお話してきましたが、それ以外の検索範囲の設定(フェイスブックからあなたのメールアドレスで検索出来るか否かなど)やあなたに友達リクエストを送信できる人など「プライバシー設定とツール」で設定を行うことができます。


右上の▼(下矢印)をクリックして設定をクリック。

setei

一般アカウント設定の画面に遷移するので、左メニューから「プライバシー」をクリック。

privacy

プライバシー設定とツールという画面に遷移するので、このあたりもチェックしておき、必要に応じて設定を済ましておきましょう。

privacy2

まとめ

上記では「共有範囲」の種類をいくつかご紹介させて頂きました。
投稿や情報を公開する範囲は、この共有範囲で決めることができます。
項目によって、設定できる範囲は多少異なりますが、基本的な方法は同じです。

フェイスブックは、基本的にみじかな友達と繋がれる為に作られたサービスですが、個人的な情報をインターネット上には公開することには変わりないので、共有範囲をしっかり理解しておくことで安心して、より楽しむことができます。