ネットショップとは?初心者の方向けに仕組みを解説いたします。

ネットショップの仕組み

ネットショップというと普段から利用される人も多いので、聞き慣れている言葉だと思います。
「インターネット上で物を売るお店」「自宅にいながら欲しいものが買える便利なもの」
どちらも正解ですが、ここではもう少し詳しくみていきたいと思います。

スポンサーリンク

ネットショップとは?

ECとは「エレクトロニック・コマース」

まず、お店を構えるという意味では実店舗もネットショップも変わりません。
商品の販売に特化しているウェブサイト=ネットショップと考えることができます。
「ECサイト」なんて言われる場合もありますが、これも意味は殆ど変わらずネットショップサイトになります。
ちなみに、ECとは「エレクトロニック・コマース」の略で、電子商取引という意味です。

ネットショップ・BtoBとBtoCについて

ネットショップには主に2つの取引形態があります。
BtoB(企業間の取引)とBtoC(企業と消費者間の取引)に分けることができます。
どちらかと言えば、BtoCのほうが多いのが現状です。

ネットショップの仕組み

ネットショップの最大の特徴

ネットショップの最大の特徴として、商品検索と購入をインターネット上で行えるということです。
ネットショップが普及される前までは、自らの足で実店舗まで出向き、商品を購入するということが当たり前でした。
ですが現在は、欲しいものが自宅にいながら簡単に手に入る、ネットショップが当たり前になりつつあります。

スマホとネットショップの関係性

スマートフォン

また、スマホの普及率なども関係してきています。
ガラケーからスマホに変えたという人も多いのではないでしょうか?
まわりを見渡すかぎり殆どの人が、スマホを片手に色々な作業をしています。
その中にはもちろんネットショップで買い物をしている方がいるわけです。

ネットショップ・BtoCによるEC市場規模の推移

では、実際にネットショップ(EC)の市場規模はどのような状態なのでしょう。
下の図は、日本のBtoCによるEC市場規模の推移です。

BtoCによるEC市場規模の推移
出典:経済産業省

ネットショップ業界は年々伸びてきていることがわかります。
このことからもわかるように、ネットショップは大きな可能性を秘めていますし、私たちの生活に無くてはならないものになりつつあります。

日本最大級のECモール・楽天市場

ネットショップで有名な「楽天市場」。普段から利用されている方も多いのではないでしょうか。
そんな楽天市場でネットショップを開業される方も増えてきています。
その理由のひとつは「集客力」です。

楽天市場 初心者

一般的にネットショップを開業したばかりだと、集客しづらいため売上に結びつくことはあまりありません。
一方で楽天市場にお店を出店した場合、すでに沢山のユーザーが楽天市場を利用していることから、開店したばかりでも売上に結びつく可能性が高くなります。

楽天市場(ネットショップ)に出店するとは?

ここでは楽天市場を例に、ネットショップの仕組みを簡単にお伝えします。
ネットショップで重要になってくるのが、「買い物カゴ」と「決済処理」、「受注管理」等が挙げられます。
この部分をイチから作るのは、時間も費用もかなり要します。

そこで、ネットショップ開業サービス(楽天市場)の登場です。
楽天市場にお店を出店すれば、買い物カゴや受注管理システムなど、ネットショップに必要な機能をまるごと使用できます。
もちろん、ネットショップ自体のホームページなども作れる仕組みです。

楽天ショップから商品が売れると、システムを通してお知らせメールが届くようになっているので、そこからは決済方法の確認や商品の準備、発送メールなどの対応を購入者様一人ひとりにおこないます。
このあたりの流れやマニュアル等も、オーナー様向けに楽天市場が用意してくれているので安心です。

人気楽天市場の詳細はこちら

関連注文が入ったらどうする?ネットショップの注文から発送までの流れについて

 

ネットショップの始め方

ネットショップを始める場合、販売する商品によって必要ものが異なってきます。
また、作り方については基本的に「ネットショップ開業サービス」を使うことで、専門的な知識が無くても簡単スピーディーにお店を開店することが可能です。

詳細については、以下をご参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました