ネットショップの集客ってどうしてる?売れない時に試したい人集めの方法

ネットショップを始めてみたけど売れない・・もう一年以上も運営しているのにどうして?
こんなお悩みありませんか?そんな人の大半は「集客(アクセス数)」に苦しんでいる方が多いです。
逆に集客は出来ているのに売れない場合は、ショップの作りに問題がある場合があります。

本記事では、集客されていない初心者の方向けに、集客についてのお話と「押さえておきたい集客方法」について解説していきます。

ネットショップ集客

どのくらい集客できていますか?

まず気になるのが「どのくらい集客できているのか」という点です。
例えば、一日に数万の人が訪れているのに、売れない場合はページに問題があるかもしれません。

ネットショップのアクセス数

一方で、一日に数十人しか訪れていない場合は、アクセス数が少ないので売上は出しづらいでしょう。
こういった場合は、アクセス数を伸ばして、お店や商品を知ってもらう必要があります。

どれくらいアクセス数があるかわからない場合

中には、ご自身のネットショップのアクセス数がわからない、把握していない、という人もおられるでしょう。
そういった方は、すぐにでもアクセス解析ツールを入れましょう。
アクセス解析ツールにも、さまざまな種類のものがありますが、無料で高機能な「Google Analytics」を入れておくと便利です。

※アクセス解析ツールを入れても、ある程度の解析期間が必要です。データがたまらないことには現状のアクセス数や平均値などが把握できないためです。

ネットショップ・集客方法とは

集客には様々な方法がありますが、大きくわけると主に以下の通りです。

  • 広告
  • SNS
  • SEO

 

それぞれを簡単にご説明します。

広告

有料広告を使って集客する方法です。
広告には以下のようなものがあります。

  • リスティング広告(ディスプレイ広告)
  • アフィリエイト広告
  • SNS広告

など

広告は有料ということもあり、以降でご説明する集客方法に比べると、早い段階で効果が出る方法です。
その分、広告費が高いものもあるため、コストがかかりやすい傾向にあります。

SNS

SNSを使って集客する方法です。
SNSには以下のようなものがあります。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • You Tube

など

前項のSNS広告(有料)とは異なり、無料で使用し集客のために活用します。
SNSを通じてコミュニケーションをはかり、ファンになってもらうことで、ショップを知ってもらい商品を購入してもらうための道筋を作ります。

無料でおこなう分、集客までに時間を要するのがデメリットです。

SEO

SEOとは、検索エンジン最適化と言われるもので、簡単にいうと「検索結果の上位表示を狙うために行う施策のこと」です。

検索エンジンの仕組みとは

何かを調べるとき、GoogleやYahoo!JAPAN等の検索エンジンを使うことが一般的ですが、検索すれば「答え、あるいは求めているものに近い情報を手に入れること」ができます。

これはGoogle等が、検索したキーワードに対して、有力であろう情報や答えがあるページをピックアップし、ランキング形式で検索結果に表示してくれているわけです。

上位表示を狙うには

上位表示ほど、ユーザーはクリックし見てくれる可能性がアップするわけですが、上位表示を狙うには様々な要素が絡み合っています。

例えば、ショップの見やすさや作り、ページ内容の充実度、更新の頻度など。
このような要素を押さえたネットショップ等は、ユーザーにも検索エンジンにも好かれやすいため、上位表示される可能性が高くなります。

しかし、沢山の競合店が存在する中、ネットショップだけを運営し、SEOで上位表示するにはかなりの時間と労力が必要です。
そこでプラスαで行いたいのが「ブログ」です。ブログを活用することでSEOがしやすくなります。
ブログについては後半でお話しています。

おすすめの集客方法とは

ここまで、集客方法のご紹介をしてきましたが、色々ありすぎてよくわからない・・という方もおられるでしょう。
そんな方は、まず以下の2つの方法を試されることをおすすめします。

  • リスティング広告
  • ブログSEO

 

理由は、基本的にプル型(ユーザー自身が情報を欲している)ということ。
また、有料(リスティング広告)だけでなく、無料(ブログSEO)の方法も取り入れておくことで、売上を出しつつ徐々にランニングコストを減らすことができます。

詳しくは以降にてお話いたします。

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果画面に表示される広告のことです。

リスティング広告の表示例

主に、テキスト広告(検索連動型広告)とディスプレイ広告の2種類があります。
どちらもクリック課金制で、ユーザーが広告経由で自社のサイトやネットショップに訪れた場合に料金がかかります。

リスティング広告のメリットは、早い段階で効果が出やすい、という点なので、できるだけ早く集客したい場合に活用できます。その分、広告費がかかるというデメリットもあります。

ブログSEO

前述でSEOについて触れさせていただきましたが、ブログやメディアなどでコンテンツを作成し集客する方法です。

ブログの場合、構築する費用は少なからずかかるものの(無料ブログなどは除く)、リスティング広告のように多くの費用がかかることはありません。

ブログを書くネットショップ運営者

ここでいうコンテンツとは、主に記事になります。
ユーザーにとって有益な情報を記事コンテンツとして作成することで、ユーザーおよび検索エンジンに高評価されやすくなります。

ブログからネットショップに案内できる仕組みを作っておけば、同時にネットショップに対してもSEO対策が施されるため、ドメイン強化に繋がりネットショップ自体の露出も増えてきます。

ブログのデメリットは、効果が現れるまで時間を要することです。
どんなコンテンツ作成をするかによっても異なりますが、早くても3ヶ月~半年くらいはかかるのが一般的といえます。
そのため、長期運用が求められるでしょう。

ブログをおすすめする理由

ネットショップ開業サービスによっては、コンテンツが作れるものもありますが、ブログのように気軽に更新できるように作られていないことが多い為あまりおすすめできません。

一方で、ブログ(例えばWordPressなど)は、記事を書くために設計されているため、使い勝手もよく記事を書くためだけに集中できるというメリットもあります。

また、ブログであれば複数人で運用しやすく、記事によっては人となりを出すことも可能なため、ユーザーによっては親近感を抱いてくれるケースもあります。

無料で集客できることが理想的

予算があっても広告費をかけ続けることは現実的ではありません。
ランニングコストを抑えて、別のところにお金を回したほうがネットショップ自体も大きくなるでしょう。

ブログ運用で集客できるようになれば、無料で集客できることに繋がりますので、その分の広告費をカットするなどし別のところに投資することもできます。

最終的には、広告費をゼロにしてブログのみで集客できると、安定した利益を出すことにも繋がると思います。

まとめ

主な集客方法のお話と、その中で効果的と思われるものをピックアップしご紹介いたしました。
もちろん売る商品によっても、ベストな方法は変わってくると思いますが、初心者の方でも始めやすい施策ですので気になる人はチェックしてみてください。

今回のお話を簡単にまとめさせて頂くと、
商品が売れない場合、まずはどのくらいアクセスがあるか確認し、集客できていなければ、以下のような集客方法があります。

  • リスティング広告
  • ブログSEO

どちらもプル型なので効果的で、長期的なことを考えると「ブログSEO」は行っておくことが望ましいです。
即効性を求める場合は、リスティング広告をおこなってみましょう。

というお話になります。
ご参考にして頂けたら幸いです。

ネットショップ開業サービス
気軽に始められる!

無料・ネットショップ開業サービス

ネットショップを無料で開業したい、初心者でも簡単に立ち上げられるおすすめの開業サービスってあるの?
そんな方向けにネットショップを手軽に始められるサービスをピックアップしてみました。

ネットショップ集客