ネットショップ作り方・仕入れ無在庫で始める方法

ネットショップを始めたいけど、売れるかわからないから一歩踏み出せない。。
在庫を確保するのはリスクがあるから無在庫で始める方法を知りたい。
そんなネットショップ開業を少しためらいがちな人向けに、仕入先やネットショップの作り方について解説します。

ネットショップ 仕入先 無在庫

無在庫のメリット・デメリット

無在庫のメリットとは、当然ながら在庫を持たないところです。
ですので、基本的にはお客様からの注文後に、仕入れて発送という形になります。

 

初期投資が少ない

在庫を持つということは、ある程度の資金がないとおこなえません。
また、在庫をかかえるスペースの確保も必要となります。

副業でネットショップを始める場合は、在庫を抱えても時間的な問題で、梱包や配送などの作業をおこなえない場合も少なくありません。
(自身が仕事に行っている間は、家族に対応してもらう、といったケースもあるようです)

上記のような事柄から、無在庫でのネットショップ運営は大きなメリットがあると言えます。

 

細かな問い合わせに困る

一方で、デメリットもあります。
お客様からお問い合わせをいただいた時に、リアルな回答がしづらいことです。
お客様対応=接客になりますから、この部分が曖昧だと場合によっては見込み客を逃してしまう可能性もあります。

また、利益率も少なくなる可能性もあります。
これは仕入先や販売方法によっても変わってきますが、基本的に在庫を構えて販売するほうが利益は取れると考えておいたほうがベターです。

 

仕入先について

ネットショップ仕入先

無在庫でネットショップを始める場合、仕入先も絞られてきます。
例えば、トップセラーというサービスがありますが、こちらを使用することで無在庫でネットショップを始めることが可能です。

トップセラーの仕組みを簡単にご説明すると、トップセラーの会員になると色々な商品(約25万点)を仕入れることができます。
次に自分のネットショップを持ち、その商品を掲載するだけです。

商品が売れたら、トップセラー側に発注をかければ、梱包も配送もしてくれます。
そのため、在庫リスクなしでネットショップが始められるわけですね。

トップセラーの詳細については以下をご覧ください。
「トップセラー公式サイト」はこちら

 

メーカーから直接発送してもらう

他には、メーカーと直接契約を交わし直送してもらうケースです。
これもまた、契約次第で無在庫にてネットショップを運営することができます。

注文が入ったらメーカーに連絡をし発送してもらうわけです。
著者が以前勤めていた会社でもネットショップを運営していたのですが、在庫は極力持たずに、メーカー直送でおこなっていました。

ただ、この際も前述でお話した通り、お客様からのお問い合わせに対し、細かな回答が難しい場合があります。
そういった場合は、メーカーに一度問い合わせ詳細を聞いてからの対応となるので、タイミング等によってはレスポンスが遅れ、お客様を待たせてしまうケースもあることを覚えておきましょう。

また、商品画像などもメーカーから提供されることが一般的なため、どうしても差別化がしづらくなります。
そのため、強化したい商品については、商品を取り寄せ実際に使用したり、商品を撮影するなど自社のオリジナル性を出す必要もあります。

 

ネットショップの作り方

ネットショップは作るのが難しいと思われがちですが、現在では「無料ネットショップ開業サービス」などを使用することで簡単に始めることができます。

しかし、無在庫での販売になると開業サービスによっては、難しい場合もあるので注意が必要です。
今回は、在庫を持たない無在庫でもネットショップが始めるサービスを以下でご紹介します。

 

上記で、もっとも簡単にネットショップが始められるのが「BASE」です。
月額費用などもかかりませんので、費用も最小限に抑えることができます。

次に「カラーミーショップ」。
カラーミーショップはBASEと違い、よりデザイン性の高いネットショップを作ることができます。
多少スキル等も必要ですが、無料のテンプレートなども用意されているので、初心者さんでも比較的簡単です。

そしてWordPressでのネットショップ構築(EC)。
こちらは、TCDで販売されている「ECに特化したテーマ」を購入すると簡単にネットショップが作成できます。
上記の2つは、他社のサービスを使用するのに対し、WordPressを使うので自社ECサイトとして幅広い使い方が可能です。
それこそ、WordPressの特徴でもあるブログから集客することもできるでしょう。

 

まとめ

昨今、ネットショップ自体は色々なサービスがあるので、比較的簡単に開くことができます。
ですが、販売する商品をどうするのか?ここをクリアできないとネットショップを開くことは困難といえます。

そこでリスクヘッジができる「無在庫」でのネットショップが始められると、副業の方はもちろん、初めてネットショップを開業される人もより低コストでスタートできます。

ぜひ今回のお話を参考に、ネットショップ開業に向けて取り組んでみてください。

ネットショップ 仕入先 無在庫