情報の記載漏れに注意!「確認できない」が購入率低下の原因に。

ネットショップ情報漏れに注意

ネットショップで、情報不足(記載漏れ)の商品ページは、購入率低下の原因になります。
また、様々なトラブルも起こしかねないため、しっかりと情報を整理しユーザーに案内する必要があります。
本記事では、「情報不足による注意点」や「理想的な商品ページの参考例」などについてをお話しています。

スポンサーリンク

ネットショップ・情報の記載漏れが原因で起こりうること

ネットショップ・商品ページ内の情報不足(記載漏れ)が原因で、以下のようなことが起こる可能性があるため注意が必要です。

  • 購入率が下がる
  • クレームになる可能性がある
  • 低評価のレビューが付いてしまう可能性がある
  • 作り込んだページが無駄になってしまう
  • ページから離脱して別のお店へ行ってしまう

ネットショップで安心して商品を購入してもらうためには、必要な情報をしっかり丁寧にユーザーに案内する必要があります。
必要な情報が不足してしまうと、ユーザーは「わからない、不安」という心理から購入することをためらいます。

そして、そのページから離脱してしまい、別のショップへ行ってしまう可能性があります。

ユーザーの立場になって考えてみよう

例えば、インテリアや家具などをネットショップで購入する際、どんなことが気になるでしょうか?
以下のようなことが挙げられます。

  • 完成形、組み立て式、どっちだろう?
  • 組み立ての場合、簡単にできるのか?
  • 組み立ての説明書は付いてる?
  • 組み立ての時には何か道具が必要?
  • ひとりでも設置はできるの?
  • 重量はどのくらい?
  • サイズはどれくらい?
  • 補償などはある?

など。

上記は、思いついたこと(疑問点や確認したいこと)をいくつか挙げてみましたが、人によっては他にもあると思います。
商品を販売している側(お店側)は、基本的な知識が備わっていることが多く、どうしても初心者の目線に立ちづらいときがあります。

そんなときは、実際に商品を使用してみるなど、ユーザーの立場になることで「見えない部分が見えてくる」場合があるので、より詳細な情報を掲載することもできます。

当たり前のことですが、ネットショップは商品を手にとって確認することができません。
そのために、商品ページを作り込むことも必要となってくるわけですが、「情報漏れが原因で購入まで至らない」という自体になってしまうと、せっかく作り込んだ商品ページも無駄になってしまいます。

基本的な情報だけでなく、可能な限りユーザーに配慮した情報を網羅し記載するようにしましょう。

わざわざ問い合わせするユーザーは少ない

商品ページの作りによっては、「商品についての問い合わせ」などのリンクが設置されています。
商品についての疑問点や不安要素を解決するために欠かせない要素のひとつです。
しかし、本当に欲しい商品(または悩んでいる等)でない限り、ユーザーからアクションを起こす人は少ないでしょう。

特に、急ぎで目的の商品を購入したいユーザーにとっては、商品についての問い合わせをして回答を待つ時間を考えると、別のショップで購入するケースも多いでしょう。
また注意したいのは、それが一人とは限らず複数いるかもしれないということです。

このような状況を避けるためにも、しっかりと商品の情報を掲載しておく必要があります。

クレームや低評価レビューに繋がるケースも

一番注意しなければいけないことは、情報不足(記載漏れ)が原因でクレームに繋がってしまうことです。
更にそこから、ユーザーの評価へと繋がり「低評価のレビュー」などを書かれてしまう恐れがあります。
ネットショップで売上を上げるには「高評価のレビューや口コミ」は欠かせません。

関連ネットショップ・レビュー(お客様の声)の集め方と効果的な見せ方とは?

商品ページの参考例

ユーザーに安心して商品を購入してもらうためには、しっかりと情報を掲載する必要があるわけですが、掲載の仕方によっても伝わり方が変わってきます。

文言での説明も大切ですが、画像を取り入れることで更に視認性が高まり、「わかりやすさ」が増すため、より安心や信頼性に繋がります。

今回は参考例として、情報が詳しく掲載されている商品ページをご紹介します。
※ご覧頂くタイミングによっては、情報が異なる場合がございます。予めご了承ください。

シングルベッドの商品ページ

シングルベッドの詳細

出典:シングルベッド商品ページ

こちらの商品ページは、シングルベッドランキング1位にもなったことのある人気のベッドです。
細部の情報が事細かく記載されていて、特徴でもある材質についても画像を使って丁寧に説明されています。

また、組み立て方法を別途説明ページを設けて解説しています。

シングルベッド組み立てかた

こういったページを作る場合、企画や構成、写真撮影、ページ作成と、さまざまな工程を行うため時間がかかります。
ですが、そういった手間をかけることで「信頼できる商品ページ」となり、ユーザーの不安も解消され売上に繋がります。

雑穀米の商品ページ

雑穀米商品ページ

出典:雑穀米の商品ページ

こちらは、雑穀米の商品ページです。
「おいしい雑穀ご飯の炊き方」ということで、画像を使って丁寧に説明されています。

雑穀米の使いみち

ユーザーによっては、初めて雑穀米を購入する人もいるでしょう。
そんな人は「どうやって使えばいいのか」「どんな使いみちがあるのか」そういった疑問や不安が生じるかもしれません。

それらの不安要素をこちらの商品ページでは、画像と文言を使って事前に解消されています。
商品ページそのものの構成やクオリティもとても高いので、参考にしたい商品ページですね。

まとめ

今回は「ネットショップに関する商品ページ情報の記載漏れに注意」というテーマでお話いたしました。
基本的な内容も含まれていますが、ちょっとした情報不足(記載漏れ)が原因で、売上が低下したり、トラブルの元にもなりかねません。

また商品ページのみに限らず、特定商取引法に基づく表記や配送方法、送料などの情報も同じことがいえます。
これらの情報は、ネットショップを開店するときに設定することが多いため、後から見直すことは少ないかもしれません。
ユーザー目線で改めて確認することで、何らかの発見があるかもしれませんよ。

関連ネットショップ「特定商取引法に基づく表記」の書き方・サンプル

 

タイトルとURLをコピーしました